Today Yesterday Total

記事一覧

田んぼアート・田植え風景・9

平成28年6月4日。
快晴のお天気の中、6年目となる「縁人~enjin~田んぼアート」の田植えが行われました。
このイベントは東京世田谷区との「縁組協定30周年」を記念する行事として始まりました。
ファイル 1156-4.jpg
世田谷区から多くの参加者をお迎えし、総勢80名ほどで賑やかに田植えを行いました。
ファイル 1156-1.jpg
小さなお子さんも大活躍。
ファイル 1156-3.jpg
毎年参加してくださる方も多く、一年一年お子さんが大きくなってゆくのを見るのも楽しみの一つです。
ファイル 1156-2.jpg
女性サポーターの方にはカラフルな「三つ編みのカカシ」を作っていただきました。
ファイル 1156-5.jpg
川場村の写真クラブ「写友ほたか」の皆様に田植えの様子を撮影していただきましたので、ご紹介させて頂きます。

(掲載の確認を取り、写真を何度も精査しましたが、万が一不都合な写真などありましたらご連絡ください。すぐに削除させて頂きます。)

田んぼアート・田植え・8

田んぼアートは道の駅「田園プラザかわば」から徒歩5分【ふれあい橋】からご覧いただけます。
ファイル 1155-1.jpg
ファイル 1155-2.jpg
全員が一列に並んで田植えがスタート。
全て手作業で植えていきます。
ファイル 1155-3.jpg

田んぼアート・田植え・7

メンバーにはサラリーマン、公務員、農家、土建屋、大工さん、電気屋さんなど様々な職業の方がいます。
これは大工さんの指導による「かかし作り教室」の様子。
女性の方やお子様方に大人気の体験です。

ファイル 1154-2.jpg
田んぼに入ること自体生まれて初めての方も多く、温かく柔らかい土の感覚に最初は戸惑っていましたが、終わるころには楽しんでおられました。
ファイル 1154-3.jpg
ファイル 1154-4.jpg
ファイル 1154-5.jpg

田んぼアート・田植え・6

ファイル 1153-1.jpg
今年の田んぼアートは緑と黒の2色で行われます。
多くの色を使うより、コントラストがはっきり出て、途中で枯れることなく秋まで絵が楽しめるためです。

カヤとロープで区切られた中に指定された色の稲を植えてゆきます。
ファイル 1153-3.jpg
ファイル 1153-4.jpg

田んぼアート・田植え・5

ファイル 1152-1.jpg
ファイル 1152-2.jpg
今年はどんな絵が浮かびあがるのでしょう。
ファイル 1152-3.jpg
ファイル 1152-4.jpg
一か月後の7月上旬から9月上旬くらいまでが見頃になる予定です。
ファイル 1152-5.jpg

田んぼアート・田植え・4

ファイル 1151-1.jpg
田んぼに足を入れ、土に触れるということは「アース」に接続すのに似ていて、怒りやイライラした気分がなくなり、次第に穏やかな気持ちになり、集中してゆくリラックス効果があるといわれています。

ファイル 1151-3.jpg
ファイル 1151-4.jpg
広大な田んぼのキャンバスにみんなで絵を描きました。
田んぼアートの面白い所は「自然が相手」というところ。
上手に植えても天気によってはうまくゆかないこともあります。
それでも日を追うごとに徐々に絵が浮かび上がってくる楽しみがあります。
ファイル 1151-5.jpg
そして、見事な絵が完成した時に、自然に感謝し、他にはない充実感を感じることができます。

田んぼアート・田植え・3

ファイル 1150-1.jpg
ファイル 1150-2.jpg
川場村と世田谷区は重要なパートナーとして「都市と農村の交流」を40年近く続けています。
お互いにない部分を補い、「農村に住んでいる者には気づかない(農村の魅力)」を気づかせて頂きました。
また、世田谷区の方々には「山の中、川遊び、美味しい農作物」など、第二のふるさととして利用していただいています。
ファイル 1150-3.jpg
ファイル 1150-4.jpg
ファイル 1150-5.jpg
都市と農村の2地域間交流といっても、原点は「一人と一人の交流」から。
多くの参加者の皆様から「楽しかった!稲刈りも参加したい」と言って頂き、
そういう意味でも大変意義のある田植え会になったのではないかと思います。

田んぼアート・田植え・2

縁人田んぼアートのもう一つの人気は豪華な昼食。
乳牛を飼っている酪農家の外山(トヤマ)さんより新鮮な絞たて牛乳。
ファイル 1149-1.jpeg
田園プラザでは行列でなかなか食べられない人気の「山賊焼き」
ミート工房様より協賛でいただきました。
ファイル 1149-2.jpeg
初代体長からは「雪ほたかの飲む糀」

ファイル 1149-3.jpeg
川場村のマスコットキャラクター【かわたん】も応援に駆けつけてくれました。 
ファイル 1149-4.jpeg

田んぼアート・田植え・1

新作スイーツ・雪ほたかの米粉を練りこんだコンニャクで出来た「わらび餅」
ファイル 1148-1.jpeg
これは外せません「新米 雪ほたかのおむすび」
田植えで疲れた後のおむすびはより一層おいしく感じます。
ファイル 1148-2.jpeg
山菜の天ぷら・そば・うどん。
ファイル 1148-3.jpeg
ファイル 1148-4.jpg
岩魚の塩焼き。
ファイル 1148-5.jpeg
その他にもグリエッツィのライ麦パンなど多数。
川場村に住んでいてもこれだけの「川場尽くし」を食べられる日はこの日以外ありません。
お腹も満腹になり、午後の作業も頑張ることができました。

今日の田んぼアート!

ファイル 788-1.jpgファイル 788-2.jpgファイル 788-3.jpg

小野里です。
今日は、今年はじめての水見をしてきました。
今日はあまり水が入っていなかったので、夕方に水を入れようと思います。
昼間はあまり水を動かさない方がいいようです。
それにしても7月27日(日)に川場村の祭りと花火大会がありました。花火の警備でふれあい橋(田んぼアートの上の橋)だったのですが、多くの方に田んぼアート見ていただくことができました。皆さんとてもすごいと評判でしたよ。
今はとても緑と黒がくっきり見えて田んぼアートがいい感じになっています。
ぜひ、夏休み等、休暇がとれたら川場村に来て田んぼアートを見ていってください。見応え十分です。お待ちしておりますnote
それにしても今日はいい天気ですshine

ページ移動