Today Yesterday Total

記事一覧

スポーツ少年団・スキー大会

先週末、みなかみの宝台樹スキー場において「群馬県小学生総体」と「スポーツ少年団スキー交流大会」が行われました。

川場小学校の生徒も多数参加。

まずは「インスペクション」と呼ばれるコースの下見が行われます。
この日は「回転・小回り」と「大回転・大回り」のポールセットが組み合わされる「コンビネーション」という難しい設定でした。

設定された赤と青の「ポール」を交互に通過しながら100分の1秒を競います。

棒だけの場所がスラローム。旗が付いている所がジャイアントスラロームです。


ファイル 713-1.jpg
スタート前に「スタートワックス」を塗り、スキー板を整備し、自分のスタートを待ちます。

ファイル 713-2.jpg
小学生とはいえ立派なスタートハウス。
気分はオリンピック選手。
滑る時は空気抵抗の少ない「レーシングワンピ」姿になり、寒さと緊張がマックスに達します。

スタート台は雪が高く盛ってあり、一番高い地点から一気にスタートします。
ここから見える景色と緊張は選手にしか味わえません。

ファイル 713-3.jpg
スタートしてからは「一秒でも速く!」だけを考えて滑ります。

ファイル 713-4.jpg
川場スキー場での練習の成果が発揮され、優勝を含む多数の入賞者が出ました。


ファイル 713-5.jpg
雪が降った直後のスキー場は日常の生活ではなかなか見られない美しい景色。
スキーシーズンも残りわずか。スキーを楽しみましょう。

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://www.vill.kawaba.gunma.jp/enjin/diary-tb.cgi/713

トラックバック一覧