Today Yesterday Total

記事一覧

中干し・幼穂形成期。

田んぼアートの田んぼでは現在【中干し】が行われています。

田植えから1ヶ月が経ち、土の中に溜まったガスを抜くのが目的です。
水を張ったままだと、昨年のワラが土の中で分解され、メタンガスや硫化水素などが発生し根を痛めます。
中干しをする事により、根に新鮮な酸素を送ってあげるのが目的です。
ファイル 782-1.jpg
川場村の稲はこれから【幼穂形成期】という重要な時期を迎えます。

カッターで切ってみると、稲の中心部分に約1ミリ程度の小さな「稲穂の赤ちゃん」が出来始めた事が分かります。


ファイル 782-2.jpg
稲は5日に1枚葉っぱが出ると言われ、葉の先端にマッキーで印をしておくと、新しい葉が次々に追い越してゆくのが分かります。
幼穂形成が始まり、これからは【減数分裂期】という稲の一生の中でも特に重要な時期を迎えます。
ファイル 782-3.jpg
葉色カラースケールという色を診断する板で現在の肥料の効き方などを調べます。
ファイル 782-4.jpg
肥料が多いと秋に倒伏の原因になりますし、量は採れますがお米の味は悪くなります。

逆に肥料が少な過ぎるとお米の味は良くなりますが、肥料切れなどで稲の体力が落ち、猛暑を乗り切れなくなります。

カラースケールと幼穂診断をこまめに行い、稲の成長と、これからの天気を予測し、適切な時期に適切な量を追肥してあげる事がポイントです。
ファイル 782-5.jpg

7月15日現在の雪ほたか生育診断
田植え日・5月14日(田植えから2ヶ月)
草丈・60センチ。
茎数・平均30本。
葉色スケール・3.9
幼穂長・1ミリ。
出穂前・約20日
出穂予定日・8月5日。

これから【川場まつり】(7/26.27)や【沼田まつり】(8/3.4.5)が行われる頃が追肥などを考える上で1番重要な時期になると昔から言われています。

看板の取り付け作業。

心配された台風8号が迫る中、田んぼアートの土手の草刈り・田んぼの草むしり・測量に使ったカヤ、ロープの除去、案内看板の設置などの作業が行われました。
ファイル 781-1.jpg
悪天候の中、急な呼びかけにもかかわらず15人のメンバーが集まってくれ、暗くなる前に作業を終了する事が出来ました。
遠く「世田谷・縁人チーム」からは駒場さんもお手伝いに来て頂きました。
また、「援人サポートセンター」の皆様にもご協力頂きました。
ありがとうございます。
ファイル 781-2.jpg
7月に入り田んぼアートの絵もしっかり浮かび上がってきました。
ファイル 781-3.jpg
田園プラザのブルーベリー公園もオープン、テレビなどでも紹介され、これから夏休みに向けて多くの方がふれあい橋を渡ってくれると嬉しいと思いました。
ファイル 781-4.jpg
台風一過は晴天。
川場村は暑い日が続いています。
ファイル 781-5.jpg
作業の後は【第二回 縁人・田んぼdeカフェ】が川場フィッシングプラザさんをお借りして行われました。
これからの縁人の方向性などについて有意義に話し合いました。

田んぼアート視察。高山村。

明るいうちに帰って来れたので、少し足を伸ばしてお隣の高山村の道の駅【中山盆地】の田んぼアートも視察してきました。
ぐんまちゃんとフナッシーです。
色付きはよりリアルですね。
ファイル 778-1.jpg
今年リニューアルオープンした道の駅です。
ファイル 778-2.jpg
稲の種は青森県の田舎館村から分けて頂いたそうです。

ファイル 778-3.jpg
だんだん色も浮かび上がってきて「上毛新聞 」さんでもそろって紹介して頂きました。
ファイル 778-4.jpg
ファイル 778-5.jpg
お隣で田んぼアートをやっている同士、今後情報交換や意見交換などをしながらやってゆけたら良いなと思いました。

米沢市の田んぼアートを視察してきました。

米沢市の田んぼアートです。
伊達政宗と支倉常長が描かれています。
ファイル 777-1.jpg
展望台より。
ファイル 777-2.jpg
Facebookページなどもあります。
ファイル 777-3.jpg
展望台入り口。

ファイル 777-4.jpg
遠近法を使い、右の絵のように田植えをする事によって遠くから見た時、普通の絵に見えます。
ファイル 777-5.jpg

田んぼアートサミット・その2

会場は立ち見も出るくらいの満員の大盛況でした。
ファイル 776-1.jpg
圧倒的な完成度の青森県・田舎館村さんの発表では会場の皆さんが食い入るように真剣に聞かれていました。
ファイル 776-2.jpg
燕市の田んぼアート。
ファイル 776-3.jpg
主催の米沢市の田んぼアート。
ファイル 776-4.jpg
縁人の田んぼアート。
ファイル 776-5.jpg
田舎館村の田んぼアートは20年前から続き、最初は簡単な絵から始まり、1年ごとに色を増やしたり、遠近法の処理を導入したりして現在の形になったそうです。
今年の秋には以前川場村でも開催された「米・食味分析鑑定コンクール国際大会」が田舎館村で開催される予定です。

全国 田んぼアートサミット in 米沢 2014

米沢市の会場に無事到着。
ファイル 775-1.jpg
北は北海道、南は九州まで全国から25の団体、200人以上が参加。
ファイル 775-2.jpg
各団体の事例発表などが行われました。
ファイル 775-3.jpg
地元のゆるキャラです。
ファイル 775-4.jpg

7月1日。

7月に入り、日に日に絵が分かるようになってきました。
ファイル 774-1.jpg

天気も良くてお米の生育は順調。
ファイル 774-2.jpg
川場村ではアジサイも咲き始めました。
ファイル 774-3.jpg

現在のコシヒカリと黒米の違いです。
ファイル 774-4.jpg
子供達の作ってくれた、かかしのカブが田んぼを見張ってくれています。
ファイル 774-5.jpg

6月27日の田んぼアートの様子。

田植えから20日。
田んぼアートの絵がうっすら浮かび上がってきました。

ファイル 773-1.jpg
ファイル 773-2.jpg
ファイル 773-3.jpg
前・隊長にご協力頂いた「案内看板」も近日設置予定です。happy01

田植えから5日目田んぼアート。

ファイル 767-1.jpg

まだ、絵は良く分かりませんね。
ここに上手く絵が浮かび上がってくれるでしょうか?
心配でもあり、楽しみでもありますcoldsweats01

田植えから3日。

ファイル 766-1.jpg

ちぎられて植えられた稲。
最初はクッタリしますが、稲の先端が「ピンッ」と立ったら無事大地に根付いた証拠。
稲はたくましい!
今の所順調ですdelicious