Today Yesterday Total

記事一覧

今日の川場&せたがや梅まつり

田んぼ部会小林です。
この頃の川場村は暖かい日も増え、雪もだいぶ解けてきました。
春の訪れも間近ですねhappy01
ファイル 1118-1.jpg
そんな中、先日せたがや梅まつりにて昨年田んぼアートで収穫されたお米を世田谷の皆さんに無料配布してきました。
配ったのは2合パックを500個
ファイル 1118-2.jpg
ファイル 1118-3.jpg
当初天候が悪く心配しましたがcoldsweats02
途中から天気が劇的に回復し、午前中ですべて配りきることが出来ましたhappy02
ファイル 1118-4.jpg

その後は、みんなで世田谷散策。

縁人はもともと世田谷区と川場村の縁組協定30周年を記念した交流事業としてスタートしているので、改めて世田谷区を知ろうということで下北沢、東京農大、松陰神社、世田谷区役所を巡ってきました。
ファイル 1118-5.jpg

初大阪

ファイル 1117-1.jpg

先日、大阪に2泊3日で行ってきました。

名古屋までは行ったことありましたが、大阪は初。
感想は…

関西に来たというよりも、韓国や中国に来たというような感じ。
USJにも行ったのですが、聞こえる言葉は韓国語や中国語ばかり…

けど、面白かったですね。

何よりも、食事がうまい!!
居酒屋さんとか、こっちで出店すればかなり人気がでるのではないかと思うくらい、クオリティが高かったです!!

今度は、自分で広島とかに行きたいですねconfident

小池

東京にて。

世田谷梅祭りに来てます。
スゲー風強い‼
さっさと米を配ってホテルへ行きたい。

ジョン。

青空!雪景色!門前春駒まつり開催中!

昨日の暴風雪に見舞われた川場村でしたが、
今日は打って変わって好天気!
門前春駒まつりは、お客さんで賑わっています!
(TB)

ファイル 1115-1.jpg
春駒一座

ファイル 1115-2.jpg
兼六園にも負けない吉祥寺の雪吊り


ファイル 1115-3.jpg
雪ほたかの米粉と門前の干し芋を使った
コラボ和菓子


ファイル 1115-4.jpg
お客さんに好評でした!

初詣

あけましておめでとうございます。
早いもので気がつけば年が明けてからもう1ヶ月半近く経ってしまった…

今年はまだ初詣でに行っておりません。
皆さんは初詣に行ってお願いはしましたか?

初詣で神様にお願いを言うのは、単なる神頼みではなくて自分に誓いを立てることなのだそうです。

神様の前で約束をすることで、一番揺らぎやすい自分の心にクギを刺すのです。

って、シャーマンキングっていう漫画で言ってました。

合格祈願や縁結びなどいろんなお願いがあると思いますが
一方的に神様にお願いを丸投げするんじゃなくて
「合格できるように、彼女ができるように、一生懸命に頑張りますので神さま見守ってて下さい!」ってことらしいです。
自分に負けそうになったら「神様が見てる!」って自分を戒めるのです。

こちらの方が願いが叶いやすいと思いませんか?
みなさんも初詣の際には是非試してみてはどうでしょうか。

コバヤシでした。

新年会

ファイル 1113-1.pngファイル 1113-2.png

先日勤め先の新年会で
出会ってしまいました(^^)
電気ブラン!提供してるお店って
そこまで多くないのでは、、、
(俺が知らないだけかな(^^;))

ブランデーのブラン。
そのほかジン、ワイン、キュラソー、
薬草などがブレンドされてるカクテルです。
くせになりそうですq(^-^)
めちゃ飲みやすいけど、
アルコール40度くらいあるそうで、
少量で、良い(酔い)感じになれそう。

また飲み行きます!ってか買って飲みます!
今年も飲んだくれの1年になりそうm(_ _)m
生方

せたがや梅まつり

世田谷区の駒場です。

気が付くと、もう1月も終わり。
2月に入りますと、世田谷区では「第39回せたがや梅まつり」が始まり、羽根木公園は大賑わいになります。
会期は2月11日から3月6日までですが、土日祝日は川場村ブースも設けられ、川場のリンゴなど特産品が販売されます。
ぜひともお立ち寄りを。

ファイル 1112-1.jpg

で、その梅まつりの期間中、2月14日(日)に川場田んぼアートで収穫されたお米を来場者のみなさんに無料配布します。
縁人メンバーもたくさん来ますので、ぜひ会いに来てください

ちなみに2年前、同じ梅まつりでお米を配布した時は、世田谷区では珍しい大雪の中でした。

ファイル 1112-2.jpg


今回は天気に恵まれることを祈っております…。

だんだん暖かく

ファイル 1111-1.jpg

まだまだ寒さがありますが、一番の寒さがぬけてきた気がします。昼間ならハウスの中が暖房がなくても暑いくらいです。ウドも晩生の品種がもみ殻の上に出てきたので、これから収穫の最盛期になって忙しい日々が始まります。

雪道にはご注意を!

久しぶりの雪が降って最初の週末です。

せっかく雪が降ったのでウィンタースポーツをしてみました。

ファイル 1110-1.jpg

今朝はスキー場に登れない車がスリップして道路を塞ぎ

1時間ほど大渋滞でした。

ファイル 1110-2.jpg

皆さん雪山に行く際には雪道用のタイヤの着用をお願いします!

中村でした。

川場用水①

角田幸です。

川場村には、「川場用水」と呼ばれる用水路があり、川場村・沼田市などの多くの田畑を潤し人々の生活を支え、沼田城の堀の水としても使われました。
ファイル 1109-1.jpg
(川場用水の取入口)

ファイル 1109-2.jpg

この用水は、NHK大河ドラマ「真田丸」で話題の真田幸村の兄、信幸が元和元年(1600年)に手掛け2代信吉が引き継ぎ2年かかり元和4年に初期の川場用水が完成したと言われています。その後、たびたび川や沢の水を途中に取入れていって流量を増やしていき、工事を繰り返し現在の川場用水となりました。
その全長は、約16kmにおよび川場村にある土田酒造さんの裏手の黒岩という場所から水を取り入れて、谷地→中野→萩室→白沢町下古語父を通り、沼田市横塚町のリンゴ橋で白沢用水と合流し沼田城(現、沼田公園)まで続いています。
水は高い所から低い所にしか流れませんから、当時は夜に提灯を持ちながら高さを測る「提灯測量」にてルートを決めました。
また、当時の川場用水は石を積んで用水路を作った為、大水(洪水)の度に何度も手直しがあったそうです。

では、こんな大規模な工事を真田氏は何故手掛けたのでしょうか?
次回のブログリレー当番では、その背景について書きたいと思います~