| 窓口での申請 | 郵送による請求 |

各種手続き・届出 「窓口での申請」

印鑑を登録するには? 「印鑑登録申請」

    必要なもの
  • 印鑑・手数料(=1件300円)・官公署発行の顔写真付きの身分証となるもの。(運転免許証・パスポート・マイナンバーカード・障害者手帳)または在留カード。
    (身分証がない場合は、事前に住民課までお問い合わせください。)
    注意事項
  • 登録する印鑑は1人1個で、住民票の氏名、または姓、名を表しているもの。
    ※大量生産のもの(いわゆる三文判)は登録できません。
  • 印影は、1辺の長さが8ミリ以上25ミリ以下の正方形におさまるもので、変形しない印鑑。
  • 申請は入院等やむを得ない事由がない限り本人が来庁しての申請となります。

印鑑登録証明書を請求するときは?

    必要なもの
  • 手数料(=1通300円)・印鑑登録証
    注意事項
  • 代理人の場合、本人の印鑑登録証が必要です。

住民票の写しを請求するときは?

    必要なもの
  • 手数料(=1通300円)・印鑑・運転免許証等本人確認書類。
    注意事項
  • 代理人が請求するときは、委任状(任意)が必要となります。(委任状PDFファイルはこちら 369KB
  • 貸金業者等の第3者による請求の場合、債務関係者等を確認できる資料を提示して下さい。

戸籍全部事項・個人事項を請求するときは?

    必要なもの
  • 手数料(=1通450円)・印鑑・運転免許証等本人確認書類。
    注意事項
  • 同じ戸籍の方ならどなたでも申請できます。
  • 同じ戸籍以外の方が請求する場合、正当な理由がなければ申請できません。
  • 代理人の場合は、委任状が必要です。委任状PDFファイルはこちら 369KB

戸籍の附票を請求するときは?

    必要なもの
  • 手数料(=1通300円)・印鑑・運転免許証等本人確認書類。
    注意事項
  • 同じ戸籍の方ならどなたでも申請できます。
  • 同じ戸籍以外の方が請求する場合、正当な理由がなければ申請できません。
  • 代理人の場合は、委任状が必要です。(委任状PDFファイルはこちら 369KB

除籍(改製原戸籍を含む)謄・抄本を請求するときは?

    必要なもの
  • 手数料(=1通750円)・印鑑・運転免許証等本人確認書類。

身分証明書を請求するときは?

    必要なもの
  • 手数料(=1通350円)・運転免許証等の本人確認書類。
    注意事項
  • 本人以外が請求するときは委任状が必要になります。(委任状PDFファイルはこちら 369KB
  • 本籍地のある市区町村で発行していますので、川場村に本籍がある方のみ請求できます。

各種手続き・届出 「郵送による請求様式ダウンロード【pdf】

必要なもの 「全部・個人事項証明」

  • 請求書(様式もしくは便箋に必要事項を記入したもの)
  • 手数料分の郵便定額小為替(郵便局などで購入できます。)
  • 切手を貼った返信用封筒。お急ぎの場合は速達をご利用下さい。(速達料金分の切手280円を追加して下さい。)
  • 第3者の場合は当人との関係を証明する書類(委任状・契約書の写し等)
  • 運転免許証等本人確認書類の写し

請求書の書き方

    本籍
  • 本籍を番地まで正確に書いて下さい。わからない方は住民票等で調べて下さい。
    筆頭者
  • 戸籍の一番始めに書いてある人です。未婚の人は父母どちらか(氏を名乗っている方)で結婚している方は婚姻時、氏を名乗った方の名前になります。
    必要な人
  • 誰のものが必要かを必ず記入して下さい。
    必要なもの
  • どの証明が何通必要なのか明記して下さい。
    使いみち
  • 戸籍届出、登記、就職、勤務先提出、パスポート申請などを記入して下さい。除籍謄本や第3者による請求の場合明記されていないと交付できないことがあります。
    請求者住所・氏名
  • あなたの住所・氏名を記入して下さい。
    なお返信先は本人確認書類の写しに記載された住所もしくは、川場村本籍の方であれば戸籍の附票に記載された住所のみとなります。
    連絡先電話番号
  • 不明な点があった場合確認できるように昼間連絡の取れる番号をお知らせ下さい。
    必要な人との続柄
  • あなたからみた必要な人との続柄を書いて下さい。父母、子、夫、祖父、本人等です。
注意事項:
・はっきり戸籍の種類(改正原戸籍・除籍等)が分からないときは、誰のどういった記載ののっているものが必要なのかを明記して下さい。 例)「祖父の死亡の記載のあるもの」「婚姻と離婚の記載のあるもの」「出生から死亡まで」 特に昔の戸籍「出生から死亡まで」などは何通になるのか人によって違いますので多めに為替を入れると何度も申請する手間が省けます。
・除籍・改正原戸籍については原則直系親族のみの扱いとなります。また、直系親族であっても続柄を確認できる資料を添付していただくことがあります。
・本人のプライバシー保護の観点から第3者による請求は本人との関係や使用目的のわかる資料の添付が必要です。また、資料の添付があっても戸籍が特定されていない場合、使用目的によっては交付できない場合もあります。さらに、偽りその他の手段により交付を受けたときは、30万円以下の過料に処せられます。
・請求に当たり、戸籍の本籍地や筆頭者の記入漏れや誤記入が多数見受けられます。記入漏れや誤記入がございますと、証明書を発行することが出来ませんので送付前によくご確認下さい。

郵送・問い合わせ先

  • 〒378-0101
    群馬県利根郡川場村大字谷地2390番地2
    川場村役場 住民課住民係
    TEL0278-52-2111