後期高齢者医療保険

後期高齢者医療制度について

  •  後期高齢者医療制度は、高齢者の方々の医療費を国民全体で支える仕組みで、75歳以上の人と65歳以上75歳未満の一定の障害のある人で、広域連合の認定を受けた人が加入する医療保険制度です。

運営

  •  群馬県内の全ての市町村が加入する群馬県後期高齢者医療広域連合が運営しています。保険料徴収・窓口業務は市町村が担当しています。

被保険者

  • 75歳の誕生日を迎えた人
  • 一定の障がいのある65歳~74歳の人
  • ※一定の障がいがある人とは、国民年金の障害年金1、2級を受給している人、身体障害者手帳(1~3級と4級の一部)をお持ちの人などです。
  • ※後期高齢者医療制度加入後は、国民健康保険・被用者保険の被保険者ではなくなります。

医療費の一部負担金の割合(患者負担)

  • 保険医療機関等の窓口では、かかった医療費の1割又は3割を負担していただきます。
  • 負担割合 所得区分 世帯の所得状況
    3割 現役並み所得者 同一世帯に住民税課税所得が145万円以上の後期高齢者医療制度の被保険者がいる人(※)
    1割 一般 現役並み所得者以外の住民税課税世帯の人
    低所得者2 世帯員全員が住民税非課税で、低所得者1に該当しない人
    低所得者1 世帯員全員が住民税非課税で、各種収入等から必要経費・控除を差し引いた所得が0円となる世帯の人(年金の所得は控除額を80万円として計算)
  • ※住民税課税所得が145万円以上であっても、以下の1~3のいずれかに該当する場合は、申請により「一般」区分と同様に1割負担になります。
  • 1.世帯に被保険者が一人の場合で、収入合計が383万円未満
  • 2.世帯に被保険者が二人以上いる場合で、収入合計が520万円未満
  • 3.被保険者が一人で収入額が383万円以上であって、同じ世帯内の70歳から74歳までの人と収入額を合計して520万円未満

保険料について

  •  後期高齢者医療制度では、被保険者一人ひとりに保険料を納めていただくことになります。保険料は、被保険者全員が等しく負担する「均等割額」と、被保険者の所得に応じて負担する「所得割額」の合計となり、個人単位で計算されます。
    また、所得の少ない人は、世帯の所得に応じて、均等割が軽減されます。

保険料の納付方法

  •  保険料は、通常年金から天引き(特別徴収)されます。ただし、年金額が年額18万円未満の人や、介護保険料と後期高齢者医療保険料を合わせた金額が2分の1を超える人については、年金からの徴収は行われず、納付書や口座振替などにより、個別に納付していただくことになります。

各種申請書ダウンロード

【問い合わせ】