HOMEバックナンバー
フォレストタウン*かわば
川場産コシヒカリ「雪ほたか」全国審査会に出品

静岡県開催のお米日本一コンテストで優秀賞、
島根県開催の全国米・食味分析鑑定コンクールで金賞、特別優秀賞受賞


 11月20日(火)〜22日(木)にかけて「お米日本一コンテストinしずおか2007」(静岡県主催)が静岡県静岡市で開かれ、全国40都道府県の農家から米396点が出品されました。その中から川場産コシヒカリ「雪ほたか」は最高賞に次ぐ優秀賞に選ばれました。コンテストは生産者と消費者の信頼関係構築が目的。栽培履歴を踏まえた安全性の審査や食味計測を経て30点に絞り込んだ後、米・食味鑑定士や消費者代表らが実際に味わって、食感や旨味、つやなどが審査対象となりました。最高賞の最優秀賞には福島県産コシヒカリが選ばれました。また、24日(土)、米の消費拡大や産地の活性化を目的に島根県奥出雲町で開かれた「第9回全国米・食味分析鑑定コンクール」(米・食味鑑定士協会主催)に村から5点の米を出品しました。出品数2103点の中から15点選ばれる最高賞の金賞に1点、金賞に次ぐ特別優秀賞に2点が輝きました。関東地区からの金賞受賞は初の快挙です。本村では平成16年に、生産農家が集まって川場村雪ほたか生産組合(小林政幸組合長、65件)が発足。今年は田植えから稲刈りまで、7回の研修に取り組み、品質向上に努めてきました。村は農業振興策の重要課題として支援に着手。技術指導や販路獲得などに協力し、武尊山の水で作ったおいしい米のブランド化を推進しています。

全国米・食味分析
鑑定コンクール審査結果

◎金   賞:立岩・小林 幹雄さん
         【コシヒカリ】(写真中央)
◎特別優秀賞:門前・長谷川 始さん
         【ひとめぼれ】(写真右)
◎特別優秀賞:谷地・吉野 芳平さん
         【コシヒカリ】(写真左)
 


このページのトップへ

特集
魅力人
行事予定
わがやの食卓から
今月のわだい