HOMEバックナンバー
フォレストタウン*かわば
今月のわだい 身近な話題や楽しい情報をお知らせください。宛先は、役場むらづくり振興課 TEL 52-5111です。

これで安心 〜川場村産米の安全宣言〜

 県内全域で出荷の規制を受けていた県産米について放射性物質安全検査が行われた結果、10月5日(水)放射性物質が検出されなかったことから出荷自粛が解除となり、川場村でも村内外に向けて「安全宣言」を発表しました。
 安全宣言には、今年11月に行われる米食味鑑定分析コンクール国際大会の主催者でもある米食味鑑定士協会の鈴木秀之会長も同席し、大会の成功に向けて意欲を語ってくれました。
 また10月17日(月)には、今年収穫された新米の初出荷が行われ、生産者をはじめ、関係者は作業に追われていました。

元気いっぱい、がんばったよ! 〜川場幼稚園・さくら川保育園運動会〜

 9月23日(金)に川場幼稚園、10月1日(土)には、さくら川保育園の運動会がそれぞれ行われました。
 秋晴れの陽気のなか、園児たちはお遊戯やかけっこなど元気いっぱいな姿で観客を魅了していました。

武尊山を舞台に山岳ランニング 〜第1回上州武尊山スカイビュートレイル〜

 10月2日(日)、武尊山を舞台にトレイルランニング「第1回上州武尊山スカイビュートレイル」が開催され、全国から616名の選手が参加されました。
 この大会は、一昨年まで開催されていた「山田昇杯」が20回開催されたことを節目に50キロメートルの本格トレイルのほか、25キロメートルの里山トレイル、6キロメートルの親子トレイルなど幅広い方々が参加できるようにリニューアルされました。
 この大会をプロデュースした鏑木毅氏は「ただ野山を走るのではなく、武尊山を楽しんでもらいたい」と語ってくれました。

防災の備えは万全 〜川場村消防団点検〜

 10月9日(日)、川場小学校校庭において、高橋文雄団長以下141名の川場村消防団員による川場村消防団点検が実施されました。緊張した面持ちの中、点検官に姿勢服装・機械器具等の点検を受けた後、ポンプ車及び小型ポンプの操法を披露。俊敏な動作、厳粛な姿勢からは日頃の防災に対して万全に備えている様子がうかがえました。川場村消防団は村民の生命と財産を守ります。

ボクらが植えたおイモができたよ! 〜川場村幼稚園サツマイモ掘り〜

 10月17日(月)、川場幼稚園年長組と年中組園児は川場村老人クラブ役員が運営する「ふるさと生きがい農園」でサツマイモ掘りを行いました。
 この取り組みは世代間交流事業として、6月に園児と老人クラブ役員、春光園、たやの家利用者の皆さんがサツマイモの苗を植え、老人クラブの役員さんが大切に育てたものを収穫しました。たくさん採れたおイモに園児も大喜び。おイモはその場で蒸かしてもらい、おいしくいただきました。

野田首相が川場村へ 〜農業活性化現地視察〜

 10月10日(月)、野田佳彦首相は農業活性化の現地視察のために川場村を訪れました。
 最初に訪れた川場湯原地区の田んぼでは自らコンバインを運転し、稲刈り作業を体験したり、株式会社雪ほたかの役員の方々と意見を交わしました。
 その後、道の駅田園プラザを訪問され、ファーマーズマーケットでお米やリンゴなどを購入されました。ミート工房やミルクプラントを見学する際には、訪問を知らなかったお客様が突然の訪問に驚きつつも握手を求める光景が多数見受けられました。
 昼食会場となった名主の館では川場村のブランド米雪ほたかを使った「雪ほたか御膳」に舌鼓を打たれていました。

園児と一緒になって遊ぶ 〜川場幼稚園祖父母参観〜

 9月30日(金)、川場幼稚園で祖父母参観が行われ、たくさんのおじいさんやおばあさんが園を訪れ、孫と一緒に玉入れやお遊戯などで楽しい時間を過ごしました。
 また、おやつには食生活改善推進員(食改推)の皆さんが地元産のさつまいもやカボチャを使った「ぱっくんおやつ」が用意され、大変喜ばれました。

収穫の秋に笑顔もほころぶ 〜川場幼稚園児・さくら川保育園児がリンゴ狩り〜

 10月6日(木)に川場幼稚園3・4歳児が、19日(水)さくら川保育園の3歳児から5歳児がそれぞれ村内でリンゴ狩りを行いました。リンゴの木を提供してくださったのは、中野地区の宮田光雄さんと石田幸松さんのリンゴ園。
 園児たちはリンゴ園まで歩いて移動し、到着すると「よろしくお願いします!」と元気にあいさつ。リンゴの収穫の仕方を教わり、自分で採ったリンゴを得意げに見せてくれました。

ご長寿おめでとうございます 〜川場村敬老会〜

 10月5日(水)、川場村文化会館ホールにおいて敬老会が行われました。式典では、今年88歳(米寿)を迎えられた21名と75歳を迎えられた35名のみなさんに慶祝状と記念品が贈られました。
 アトラクションでは、手品と歌謡ショーが行われ、式典に花が添えられました。
 また、来場者の方へみどり会の皆さんからお祝いにけんちん汁が用意され、皆さん舌鼓を打ちました。

米寿を代表して宮内學さんへ慶祝状が手渡されました。

いつまでも元気でいてね 〜「ひめの家」敬老の日慰問〜

 9月19日(月)、門前地区の農産物直売所「ひめの家」(代表:くわ原玲子さん)の皆さんは敬老の日を祝って、門前地区の80歳以上の方(42名)のお宅を周り、手作りのおまんじゅうをプレゼントしました。このおまんじゅうは会員の皆さんが早朝から仕込みをし、心を込めて作ってくださったということで、皆さん大変喜んでくださいました。



このページのトップへ

特集
魅力人
行事予定
○○さんちの食卓
今月のわだい