HOMEバックナンバー
フォレストタウン*かわば

川場村で日本最大のお米品評会開催!5年連続金賞受賞!!第13回米・食味分析鑑定コンクール国際大会



 11月22日(火)と23日(水)の両日に渡り、川場村体育館において「第13回米・食味分析鑑定コンクール国際大会」が開催されました。
 この大会は国内外のお米を一堂に集め、これを審査・評価することにより、安全性や食味を追求し「良質な米作り」に日々精進する生産者や生産団体を支援することを目的に行われました。
 22日には総合部門の審査が行われ、国内外から出品された3071点のうち、第1、2次審査を通過した42点の最終審査が米食味鑑定士や一般消費者など30名の審査員によって色ツヤや香り、食味などを評価した結果、本村からは(株)雪ほたかのたか井勝久さん(天神)、くわ原孝一さん(門前)、久保田充さん(川場湯原)の3名が見事金賞に、和田祐次さん(天神)が特別優秀賞に輝きました。この結果により、本大会で川場村コシヒカリ「雪ほたか」は最高賞の金賞を5年連続で受賞することになりました。


オープニングには上州武尊太鼓連の勇壮な太鼓演奏 公正な審査を受けられるように同じ条件で炊かれたお米 屋外では、地元農産物を使った郷土料理でPR
懇親会場では春駒や剣舞が披露され、華が添えられました 全国から集められた3071点のお米に見入る来場者 審査員が厳正に審査しました
 
左から受賞した久保田さん、くわ原さん、たか井さん、和田さんと(株)雪ほたかの小林社長 受賞の喜びに沸く雪ほたかの皆さん  

 翌23日は「全国農業高校お米甲子園」が行われ、利根実業高等学校の食品文化コースの生徒が出品した「コシヒカリ」が2年連続の最高賞の金賞に選ばれ、同じ地域に住む仲間として嬉しい結果となりました。その後、日本の風土を守り、環境に優しい地域づくりを推進する「環境王国」の認定授与式も行われ、新たに石川県小松市と長野県木島平村が加わり、12団体となりました。
 この大会を開催するにあたり、婦人会やかわば農村女性会議などたくさんの方々の協力のおかげで本大会を成功裏に終了することができました。また、食生活改善推進員連絡協議会やかわば村援隊(そんえんたい)をはじめ、各団体・企業の皆さまにも川場村をPRするためにご尽力をいただきました。すべての皆さまに感謝とお礼を申し上げます。

そのほか、各種大会で優秀な成績を収めたのでご紹介します。

【第1回米−1グランプリ in らんこし】
開催日: 11月5日(土)
開催地: 北海道蘭越町
主催: 米−1グランプリinらんこし実行委員会
成績: 入賞/和田祐次(天神:コシヒカリ)

【お米日本一コンテスト in しずおか2011】
開催日: 11月22日(火)
開催地: 静岡県コンベンションアーツセンターグランシップ
主催: お米日本一コンテストinしずおか実行委員会
成績: 優良賞/佐藤充(天神:コシヒカリ)
入賞/齊藤武光(門前:コシヒカリ)、和田祐次(天神:コシヒカリ)、高井秀明(天神:コシヒカリ)

【瑞穂の国 美味しいお米コンクール関東甲信越静大会 in きじま平】
開催日: 12月3日(土)
開催地: 長野県木島平村 木島平村体育館
主催: 木島平村・木島平農村交流型産業推進協議会
成績: 個人部門 金賞/くわ原孝一(門前:コシヒカリ)、和田祐次(天神:コシヒカリ)
銅賞/たか井勝久(天神:コシヒカリ)
入選/久保田充(川場湯原:コシヒカリ)、吉野吉寿(谷地:コシヒカリ)
団体部門 金賞/株式会社雪ほたか
 



このページのトップへ

特集
魅力人
行事予定
○○さんちの食卓
今月のわだい