HOMEバックナンバー
フォレストタウン*かわば
道の駅”川場田園プラザ”が、全国モデルの「道の駅」に選定されました!

 都市交流事業の交流拠点として提起された“田園プラザ”は、平成4年のミルク工房を皮切りに、平成10年ビール工房やパン工房が入る川場ビールレストラン武尊の整備で、グランドオープンしました。その後新しい施設整備や改良を加え、5万平方bの敷地に17の施設がゆったりと配置されています。道の駅テーマパークを目指し、来年度は3店舗が新たにオープンする予定です。平成25年度の入り込み数は116万人、平成26年度は、前年比140%を推移している状況です。ここでしかない、ホンモノのこだわり商品を進化しながら提供し続け、入客数の増加を目指しています。

 道の駅“川場田園プラザ”は、平成8年に開駅し、「関東好きな道の駅5年連続第1位」、「日経プラス1 家族で一日楽しめる道の駅 東日本第1位」、「関東道の駅アワード2014 bP」に選ばれるなど、お客様に喜ばれる道の駅として成長を続けております。地域活性化の拠点として、地域資源を活かし様々な取り組みを実施しております。

 国の重点施策である「地方創生事業」は、地方の活性化と人口減対策のための施策を総合的に進めることとしています。国土交通省では、全国各地の道の駅を地域創生のための重要な拠点施設として位置づけており、優れた取り組みを行っている道の駅を選定する制度を創設しました。

 道の駅制度は、道路利用者への安全で快適な道路交通環境の提供と地域振興に寄与することを目的として、平成5年に創設されました。24時間無料で利用できる駐車場やトイレを備えた休憩機能、道路情報や地域の観光情報、緊急情報などを提供する情報発信機能、さらに文化教養施設や観光レクリエーション施設などの地域振興施設としての地域連携機能が整備された多機能施設です。平成5年に103箇所であった「道の駅」は、制度創設から20年あまりで10倍以上になり、全国各地で地域の個性を活かした取り組みが行われ「地域とともにつくる個性豊かなにぎわいの場」となっています。

 国土交通省では、この「道の駅」を経済の好循環を地方に行き渡らせる成長戦略の強力なツールと位置づけ、関係機関と連携して特に優れた取り組みを選定し、重点的に応援するとしています。全国で1040箇所ある「道の駅」のうち、地元の名物や観光資源を活かして多くの人々を迎え、地域の雇用創出や経済の活性化、住民サービスの向上にも貢献している特に優れた「道の駅」を全国のモデルとして6駅選定しました。そのひとつに道の駅“川場田園プラザ”が選ばれました。のどかで豊かな自然に恵まれ、美しい田園風景が広がる我が村は、自然環境そのものに魅力があります。「農業プラス観光」を基本施策とし、地域資源を活用して試行錯誤しながら様々な取り組みを重ねてきました。「道の駅」の各施設では、地場産品の直売や地域食材を活かした飲食物の提供などで地域の活性化に大きく貢献していることが高く評価されました。地域活性化の拠点として優れた機能を発揮している道の駅“川場田園プラザ”を、全国各地の参考になるように成果を広く周知することとなります。

 

 今後は、全国モデルの「道の駅」として、各施設の企画推進へ向けて専門家によるアドバイスや、活用可能な各省庁の交付金を優先的に紹介されるなど重点的に支援を受けることができます。地方創生の観点から設けられた制度活用により、経済の好循環を地方に行き渡らせる成長戦略の「小さな拠点」となります。本村では、「地域の元気を創る地域センター型」の道の駅として、「農業プラス観光」を核とした産業振興の更なる推進を図り、農産物等地方特産品のブランド化や6次産業化に取り組みます。新たに、防災拠点としての機能を充実させ、村民・観光客の安心安全のための取り組みを検討しています。災害時には防災拠点機能を併せ持ち、指定緊急避難所として機能するとともに、村の防災機能の中枢となる役割を担っていくことになります。また、村民と来村者の交流や情報交換の場としての機能や村内交通のターミナル機能、若者の就業機会を増やし定住やUターンの促進を図っていきたいと考えています。

 本村の産業・情報・交流の核である「道の駅」の機能をさらに充実させ、住みよい環境を確保するとともに将来にわたって活力ある川場村を継続していきます。

重点「道の駅」選定証授与式

 2月26日(木)、東京都千代田区の砂防会館別館にて、重点「道の駅」の選定証授与式が行われ、道の駅“川場田園プラザ”が「全国モデル道の駅」に選定されました。全国で6駅、関東地方では栃木県茂木町の道の駅「もてぎ」と千葉県南房総市の道の駅「とみうら」が選定されました。

全国モデル選定の祝電が届きました

群馬県町村会 会長 宮前鍬十郎様より、道の駅“川場田園プラザ”「全国モデル」選定の祝電を頂戴しました。

田園プラザかわばが「プロが選ぶ観光食事、土産物施設100選」に

 1月23日(金)、東京新宿の京王プラザホテルにおいて、(株)旅行新聞新社主催の「プロが選ぶ観光食事、土産物施設100選」及び「プロが選ぶ優良観光バス30選」の表彰式が行われました。田園プラザ施設が「土産物施設100選」に選ばれ、地域資源を活かした農産物などの地場産品が高く評価されました。

〜今後の「道の駅」周辺の整備計画〜

○駐車場の増設
 今年度、道の駅の来場者数は、150万人見込まれています。近年、道の駅来場者による道路渋滞が悪化しており、来場者や地域住民の方々にご迷惑をおかけしています。渋滞緩和のため、新たな駐車場(180台分)を整備いたします。また、主要地方道平川横塚線以外のアクセス道の改善を行うとともに、新たな案内方法も検討していきます。

○道の駅施設の改修整備
来場者の増加に伴い、機能や利便性向上のための改修工事を行います。
・体験工房、ピザ工房、蔵の改修
・トレーラー店舗の新設など

○防災機能の強化のための取り組み
災害時の防災拠点としての中枢となるために、次のような施設を順次整備し防災機能の強化を図ります。
・災害時対応用トイレ、大型避難施設、非常備蓄倉庫などの新設



このページのトップへ

特集
お知らせ
行事予定
○○さんちの食卓
今月のわだい