HOMEバックナンバー
フォレストタウン*かわば
最高の給食を目指して


全国トップ12に選ばれた献立

 12月3日(日)に、女子栄養大学駒込キャンパスにて、第12回全国学校給食甲子園が行われます。そこで、関東ブロック代表のうちのひとつとして川場村給食センターから阿部春香栄養士と桑原敦志調理員が出場することとなりました。

 応募は全国で2,025件もあり、1次審査から4次審査まで書類審査を経て、全12代表が選ばれました。書類での審査内容はメニューの内容から、栄養価、材料、レシピ、そして地場産物がどれほど使用されているか、といった内容になります。本大会の主旨は、全国の学校給食で提供される地場産物を食材として使用した献立で郷土を代表する料理を競う大会を通じ、食育を啓発するとともに、地産地消の奨励をすることです。


食育をしている栄養士

 今回、川場村給食センターでは、「ごはん(雪ほたか)、牛乳、赤城鶏ときのこのみそグラタン、ほうれん草の煮びたし、豆腐のすまし汁、川場のりんご」といった献立で出場しました。

 この献立では雪ほたか、りんごなどが川場産で、赤城鶏などにおいても群馬県の名産を使用しています。グラタンに関しては、雪ほたかに合うように豆乳や味噌を使用することで和風仕立てにしています。

 川場村は、雪ほたかや、りんご、こんにゃく、豆腐といった材料を地元から用意し、その他の材料も群馬県内で全て揃えています。こうした地産地消の働きは常に意識しており、日頃の給食においても、地産地消を通して食育を行っています。

 川場村独自の働きとしては、米やりんごなど積極的に地元のものを使用することで、こどもたちが食材や産業への関心を持てるようにしています。また、給食目標を設け、地元の食材を知る、といった内容を給食の内容に盛り込み、こどもたちに一口メモを読んでもらうことでその日の給食に込められた意義を明確に理解してもらうようにしています。

 また、食育をするために「美味しく食べてもらうこと」を目標として給食作りをしており、衛生管理や安全面の徹底をし、昨今問題となっている異物混入がないように日々対策を考えています。調理工程においても、野菜は三回以上洗う、必ず茹でる、といった衛生面における制限がかけられている中でより美味しく作れるように努力しています。


給食の製造工程

 利根沼田学校栄養士会で月に一度利根沼田の栄養士が集まり、給食に関して話し合いをする場を設けることで、メニューをよりよいものにしたり、実際にこどもたちと席を並べ給食を食べることで、こどもたちの生のリアクションを反映させることができるようにしています。

 今後の展開として、より美味しく、より教材となる食事を提供することが食育につながると考え、その活動のために地元の農家とつながり、色々な季節で色々な野菜を給食にとりいれることを目指しています。

 地域との連携を密にし、お互いの意見を取り入れて給食作りに反映させることで、こどもたちの関心をより集め、食事に対する理解を深めることができると考えています。



このページのトップへ

特集
お知らせ
行事予定
○○さんちの食卓
今月のわだい