HOMEバックナンバー
フォレストタウン*かわば
○○さんちの食卓

今月は谷地の「小林さんちの食卓」をご紹介します。

弥生さんが作ってくれたのは「サバの味噌煮」です。
これから旬を迎える真サバを使った料理となっています。脂がのっていて、とってもおいしいですよ!

サバの味噌煮

材料

  サバ
ごま油
ピーマンorかぐら辛子
ショウガ
〇たれ
 水
 酒
 みりん
 みそ
 砂糖
 しょうゆ
…4切れ
…大さじ1/2
…4個
…1片

…300ml
…200ml
…100ml
…大さじ3
…大さじ2
…大さじ1


作り方

  1. サバの皮目に1センチ幅に切れ目を入れる。フライパンにごま油を中火で熱し皮目から両面2分ずつを軽く焼き、取り出す。

  2. サバを焼いたフライパンの脂をペーパーでふき取り、水・酒・みりん・砂糖・醤油と、みそは半量だけ入れ、中火で煮立てる。

  3. フライパンにサバを戻し、濡らしたペーパタオルで落し蓋をして5分煮る。

  4. ピーマンまたはかぐら辛子をお好みで切る。

  5. 残り半分のみそをたれに溶かす。ピーマンとショウガの薄切りを入れ、再度落し蓋をして5〜10分ほど煮る。お皿に盛り付けたらできあがり!
    ※ポイント
    ・サバは焼いてから煮ることで臭みを消すことができます!
    ・味噌と相性のいいピーマンは一緒に煮付けることで、苦みが薄くなりピーマン嫌いなお子さんでも食べやすくなります。また、辛いのがお好みな方には、ピーマンをかぐら辛子にしても美味しいです。
    ・ショウガは煮込みすぎるとえぐみがでます。煮込み時間の最後5分に入れましょう。


次回は、川場湯原の「河内さんちの食卓」をご紹介します。



このページのトップへ

特集
お知らせ
行事予定
○○さんちの食卓
今月のわだい