HOMEバックナンバー
フォレストタウン*かわば
今月のわだい 身近な話題や楽しい情報をお知らせください。宛先は、役場総務課 TEL 52-5111です。


雪ほたか 躍進!!

第20回米食味分析鑑定コンクール国際大会in飛騨


11月26日(月)、27日(火)に岐阜県高山市において、国内最大の大会「第20回米食味分析鑑定コンクール国際大会in飛騨」が開催され、出品総数5,717検体(過去最多)の中から小林仁志さん(立岩)が国際総合部門で最高賞の金賞を受賞しました。雪ほたかの国際総合部門での金賞受賞は昨年に引き続き11回目となり、地域、団体としては最多の快挙となりました。

また、星野孝之さん(川場湯原)が国際総合部門で特別優秀賞、林登志也さん(谷地)が水田環境特A部門で金賞、川場小学校が小学校部門で特別優秀賞を受賞しました。

本大会の国際総合部門で3年連続金賞を受賞した小林仁志さんには、その功績を称え旅行券(10万円分)を川場村長より贈呈されました。

本コンクールの国際総合部門において、通算10回金賞を授賞した功績が認められ"World Rice Award Gold10"の称号が授与されました。地域、団体として、この称号が授与されたのは雪ほたかが初となります。また、称号授与の報告のため、群馬県知事を表敬訪問しました。

コンクールの舞台裏でサプライズな出来事が
コンクールの開催地である岐阜県高山市の高山幼稚園において、10月2日に開催された運動会で、恒例行事となっているメッセージ付きの風船が放たれました。風船は風にのり、約180q離れた川場村、久保田長武さんのコンニャク畑へとたどり着きました。風船を発見した久保田さんがメッセージを開封すると「すてきなことがこれからあるといいです。」と添えられていました。風船を飛ばした園児は年長の寺本瀬菜ちゃん。久保田さんは「コンクールの開催地から飛んでくるなんて幸運の兆し」と喜び、すぐに返事を書き来園を約束しました。コンクール2日目の27日、村長、雪ほたかの小林政幸社長、久保田さんが高山幼稚園を訪問し、かわたんクッキー、雪ほたかのお米、かわたんクリアファイルをプレゼントすると、園児は「さるぼぼのお人形」と合唱で迎えてくれました。久保田さんと瀬菜ちゃんは不思議な出会いを祝い握手。心温まるサプライズな出来事でした。


第15回お米日本一コンテストinしずおか


12月7日(金)、8日(土)に静岡県静岡市において、「第15回お米日本一コンテストinしずおか」が開催されました。全国より580点が出品され雪ほたか:星野孝之さん、井秀明さん、和田裕次さん、佐藤充さんが金賞に入賞しました。群馬県勢で金賞を受賞したのは川場村のみで、金賞受賞の30点のうち雪ほたかの4点受賞は団体としては最多となり、川場村の産地の力が全国に評価されました。


スローフード運動発祥の地イタリア「ブラ市」を訪問!


11月10日(土)から16日(金)にかけてスローフード運動やチーズ製造、農家民宿などの視察調査を行うため外山村長はイタリアブラ市などを訪問いたしました。

ブラ市はイタリア北部の中心都市トリノ市から南へ50qほどにある人口約3万人、面積60平方キロメートルの小さな街です。市の歴史は古くローマ時代から栄え、古くからの建造物が現役で使われ周辺は農業地帯があり、トリノのベッドタウンとしても知られています。

現在ではスローフード発祥の地としても有名で世界中から訪れる観光客で賑わっています。

スローフード運動は、伝統的な食文化を大切に守ろうという動きで地域や農家などと連携し経済活動を生み出す一助となっています。14日には、ブラ市役所でブラ市長や市議会議員とも懇談しブラ市とのMOU(了解覚書)などによる交流などが話題として語られました。また、その様子が地元新聞4紙にも取り上げられ関心の高さが伺われました。

今後ブラ市との情報交換や交流を通じて連携が拡大し国際交流へと発展することが期待されています。


冬到来!川場スキー場オープン


11月22日(木)、川場スキー場内カワバシティ8階に関係者が集い、スキー場における安全と降雪を祈願する川場スキー場安全祈願祭が行われ、12月3日(月)に無事オープンされました。

初心者の方や子ども楽しめるファーストステップゲレンデも設置してあり、良質なパウダースノーと個性豊かな10コースで皆さんをお待ちしています。

〈川場スキー場ゲレンデ情報〉
TEL:52-3345
ホームページ http://www.kawaba.co.jp


極真空手道


I.K.O.MATSUSHIMA国際空手道連盟極真会館松島道場の主催により、第25回松島杯群馬県極真空手道選手権大会が11月11日(日)、伊勢崎市第2市民体育館で開催されました。今年は茨城支部、千葉支部から多数参加選手を迎え、組手の部、型の部ともに熱戦が繰り広げられました。

川場村からも沼田支部に所属する小中学生4名の選手が出場し大健闘致しました。

〈大会結果〉
中学生の部 信澤正太郎(初段) 組手の部・型の部 優勝
小学生6年の部 信澤槇之介(1級) 組手の部 4位
小学生3年の部 小嶌 楓 (1級) 組手の部 準優勝
小学生2年の部 信澤 駿 (1級) 組手の部 準優勝

押忍


寄付いただきました


11月6日(火)、株式会社戸部組より、車椅子を寄付していただきました。大人用5台、子供用2台の計7台で、道の駅川場田園プラザと役場において、大切に活用させていただきます。ありがとうございます。


川場村剣道教室頑張りました


11月23日(金)、ぐんま武道館において「平成30年度群馬県道場少年剣道錬成大会」が開催され、中学3年生女子の部で関安奈さんが準優勝、小学4年生の部で金子成くん(尚修館)が第3位に、他ベスト16以上にたくさんの子供たちが入賞しました。

また、11月25日(日)、利根商業高等学校において「第60回利根沼田青少年柔剣道大会」が開催され、小学生団体の部で第3位の成績を収めました。

これからも頑張りますので応援よろしくお願いします。

〈利根沼田青少年柔剣道大会団体三位〉
先鋒:千明 唯愛 (小学5年)
次鋒:大根田紗久良(小学5年)
中堅:宮田 奈渚 (小学5年)
副将:樋口 怜良 (小学6年)
大将:新木 陽太 (小学6年)

〈群馬県道場少年剣道錬成大会〉
準 優 勝:関 安奈  (中学3年)
第 3 位:金子 成  (小学4年)
ベスト8:大根田紗久良(小学5年)
ベスト8:田口 ゆき乃(中学1年)
ベスト16:宮田 奈渚 (小学5年)
ベスト16:星野 帆香 (中学1年)

情報提供:川場村剣道教室


道の駅川場田園プラザ サインリニューアル計画
〜日本サインデザイン大賞/経済産業大臣賞 受賞〜


日本サインデザイン賞は、公益社団法人日本サインデザイン協会主宰で実施される国内唯一のサインデザインに関する顕彰事業です。優れたサインデザイン作品を広く社会にアピールすることにより、その普及及び啓発を図ることを目的として1966年より行われ、本年で第52回を数える権威ある顕彰事業となります。

道の駅川場田園プラザの一部改修事業に併せて実施された「サインリニューアル計画」は平成30年応募作品372点のうち、最高賞である日本サインデザイン大賞/経済産業大臣賞を受賞しました。

審査員選評では、「魅力あふれるサインを創造したこのサイン計画は、卓越したデザイン感覚に裏付けられた秀逸の作品である。」と評価されました。


除雪機を購入しました!


谷地地区では、公益財団法人群馬県市町村振興協会が実施している「魅力あるコミュニティ助成事業」により谷地多目的集会施設で使用する除雪機2台を購入しました。

この助成事業は、サマージャンボ宝くじの収益金によって、地域住民のコミュニティ活動を支援するため、その活動に必要な一般備品、伝統芸能品等の整備に対して実施されています。


善意に感謝申し上げます
〜清和会・(株)関工務所から木製ベンチ寄贈〜


12月7日(金)、清和会・(株)関工務所より木製ベンチ計10台が寄贈されました。清和会・(株)関工務所では、22年前から村内はもとより利根沼田地域に木製ベンチ等の寄贈やボランティア活動による地域貢献を行っております。また、今年は兜滝のあずまや等の修復や、草刈り等のボランティア活動も行っていただきました。ありがとうございます。


全国の舞台へ


10月21日(日)、前橋総合運動公園テニスコートにおいて、群馬県小学生ソフトテニス研修大会兼全国小学生ソフトテニス大会群馬県予選が行われました。

6年生の部で戸丸暖希・吉野太智ペアが3位入賞し、12月22日から24日に埼玉県の彩の国くまがやドームにおいて行われた、KENKO CUP全国ジュニアソフトテニス大会に出場しました。ふたりは、小学生最後の大会を思い切り楽しみ、思い出に残るプレーをしてきました。

また、3年生の部では大河原唯人・戸丸雅也ペアが3位入賞し、3月29日から31日に、千葉県白子町サニーテニスコートにおいて行われる、全国小学生ソフトテニス大会に出場することになりました。全国大会までに様々な大会がありますので、その経験を生かして全国大会でも頑張ってきますので、応援よろしくお願いします。

情報提供:川場村スポーツ少年団テニスクラブ


郷土群馬の知識を学ぶ
〜川場村・利根郡子ども会上毛かるた大会〜


12月9日(日)にふじやまビレジ「村の会堂」において、「第49回川場村子ども会上毛かるた大会」が開催されました。12子ども会、112名の代表選手が集う会場は、緊張感と熱気につつまれ、どの選手も真剣な眼差しで一枚一枚のかるたに気持ちを込め競技をしていました。

また、この大会で優勝した団体及び個人は、12月15日(土)にみなかみ町新治農村環境改善センターで行われた「第49回利根郡子ども会上毛かるた大会」に川場村の代表として出場しました。

郡大会では、大津凛太朗くんが小学生低学年個人戦で優勝し、2月9日(土)に開催される「第72回上毛かるた競技県大会」に出場します。結果は以下のとおりです。

〈川場村大会結果〉

種 目 団体戦 個人戦(子ども会名:学年)
小学生低学年 谷地ニコニコ子ども会 大津 凛太朗(谷地ニコニコ:4)
小学生高学年 立岩子ども会 橋 晃介(天神:5)
中学生 門前子ども会 信澤 陽立(門前:2)

〈利根郡大会結果〉

団体戦
小学生高学年 第三位 立岩子ども会
個人戦
小学生低学年 優 勝 大津 凛太朗(谷地ニコニコ:4)




このページのトップへ

特集
お知らせ
行事予定
○○さんちの食卓
今月のわだい